サントリー極の青汁のおかげで元気になれました。

私はとても深刻な野菜嫌いです。

小さい頃から野菜がほとんど食べられなかったのですが、さすがに大人になれば食べられるようになるだろうと、軽く考え過ぎ ていました。大人になっても野菜嫌いは変わりませんでした。野菜嫌いのせいで体が疲れやすいです。せっかく体のエネルギー源となる炭水化物などをしっかり と摂取しても、野菜に豊富に含まれているビタミンBなどを一緒に摂取できなければ、元気にはなれないのです。

青汁の効果
そこで私はサントリーの極の青汁という商品を飲み始めました。青汁によって、野菜を食べられなくても野菜のパワーを与えてもらおうと考えたのです。実際に 飲み始めると、明らかに疲れを感じることがなくなりました。この青汁の商品のおかげで体に炭水化物からのエネルギーを効率的に与えられるようになったから です。また普通は青汁というと、マズいイメージがあるかと思います。けれども私は今回、全くマズいという感覚がありませんでした。サントリーの極の青汁 は、宇治煎茶と抹茶を配合しているため、サッパリとした飲み口になっているのです。しかも牛乳で割ったり、ヨーグルトにかけて摂取する方法もあったので、 毎日摂取していても飽きることがありませんでした。

キューサイ はちみつ青汁を飲んで

キューサイのはちみつ青汁に関するおすすめポイントです。
それは、青汁の粉の量が多いことです。1包に7グラムも入っています。他の青汁をよく見たら、4グラムだったり、3グラム以下のものもあります。そういった意味で、お得感があります。
それに、量が多いため、牛乳に入れて溶いても、しっかり濃い味がします。ケールの独特の苦味が、嫌いな方には、かえってマイナスかもしれませんが、私はど ちらか言うと、嫌いではないので、この濃いのが、気に入っています。牛乳が苦手なので、牛乳を飲むためにも、愛飲中です。
ひと箱3600円位で、一つ当たり、まあまあ高いのですが、7グラムの量からみると、お値打ちなのではないでしょうか。
しかもこのケールという野菜は、キャベツの原種らしく、かなりの栄養効果があるそうです。
他の青汁にはない、野菜なので、栄養価が、高そうに思います。

はじめに購入した時は、ひと箱の値段で、二箱くれて、シェーカーももらえました。このシェーカーは便利です。

マイナスポイントは、はちみつを入れてあっても、ケールの味がかなりすることです。
私は、このケールの苦味が、平気ですが、実はうちの子供は嫌いです。子供にも飲ませたいと思うと、抹茶味などの青汁のほうが、飲ませやすいのかなと思います。
家族ごとに銘柄をかえるのは、面倒です。

キューサイの青汁が最高でした。

私は仕事がとても忙しく、不規則な生活が続いてしまっていたため、なかなか野菜を十分に食べることができずにいました。そのため深刻な野菜不足に陥ってし まっていたのです。しかもテレビで野菜不足が体にどれだけ恐ろしいかということを詳しく見てしまいました。

具体的にどういうことかと言うと、高血圧や脳梗 塞、便秘、心不全など様々な病気の大きな原因になってしまうのです。

野菜不足がこれだけの恐ろしいことを招いてしまう可能性があるとなったら、何とか野菜 不足を解消させなければなりません。そこでキューサイの青汁を飲むことにしました。キューサイの青汁のおかげで野菜不足が解決されました。本当に嬉しかっ たです。因みにキューサイの青汁のおかげで野菜不足が解決されたことには、明確な理由があります。その理由についてこれから詳しく述べていきます。

まずは ちみつが入っていて美味しいため、継続して飲むためにつらい思いをする必要がありません。青汁独特の苦みやまずさというものが見事に消されています。

また、私が購入した時にはシャカシャカカップがプレゼントされました。このシャカシャカカップが非常に使いやすく、このシャカシャカカップのおかげで青汁を 飲むことに必要な時間の短縮もできました。ここまで述べてきたような工夫が施された青汁であったからこそ、野菜不足を解決することができました。